相撲

2018年大相撲秋場所初日予想・オッズは?【稀勢の里VS勢】

更新日:

いよいよ始まる2018年大相撲秋場所。
先場所は横綱、大関不在でいまいち盛り上がりに欠けましたが
今場所は3横綱揃っての出場になります。

その中でも注目は横綱・稀勢の里。
進退をかけての出場ということで成績も問われるところです。

今回、2018年大相撲秋場所初日の見どころ、予想について
まとめてみました。

 

2018年大相撲秋場所初日について

2018年大相撲秋場所初日ですが3役以上の取り組みは
以下の通りです。

 

東横綱 鶴竜 VS 貴景勝 西小結
東小結 玉鷲 VS 白鵬 西横綱
東横綱 稀勢の里 VS 東前筆
東大関 豪栄道 VS 魁聖 西前筆
東前2 豊山 VS 高安 西大関
西前2 千代大龍 VS 栃ノ心 西大関
東関脇 御嶽海 VS 正代 東前3
西前3 遠藤 VS 逸ノ城 西関脇

先場所優勝した御嶽海の大関とり、カド番となった
大関・栃ノ心の奮闘など見どころ満載ですが
やはり注目は久しぶりの出場となる稀勢の里の一番でしょう。

主観的な見どころをまとめてみました。

 

御嶽海VS正代

大関取りを狙う御嶽海の初日は実力者・正代。
過去の対戦成績は6-6の五分です。

御嶽海としては嫌な相手でしょう。
ただこの取り組みで勝たないことには大関取りは厳しい
と言わざるを得ないです。

御嶽海としては最初の当たりで勝機を見出したいところです。

 

鶴竜VS貴景勝

先場所10勝を挙げ、若手急上昇中の貴景勝は
初日は鶴竜戦となります。

過去の取り組みでは鶴竜の2勝0敗ですが、
貴景勝は重心を落とした突き押しで鶴竜を追い込み、
鶴竜が悪癖の中途半端な引き技を使えば
貴景勝にも勝機があります。

 

稀勢の里VS勢

試練の場所となる稀勢の里の初日は勢です。

過去の対戦成績は15-1と圧倒的に稀勢の里ですが
久しぶりの土俵となる稀勢の里ですので
どうなるのかわからないですね。

稀勢の里は重心を落とした当たりからの
左からのおっつけが出ればいいのですが
果たして本番ではどうなのでしょうか?

 

稀勢の里VS勢 予想・オッズは?

相撲のスポーツベッティングができる1xbet
1xbetについて語った記事はこちら

今回、稀勢の里VS勢の対戦についてベッティングしてみました。

 

オッズを見てみると
稀勢の里1.21  勢4.46 となっています。

オッズでは稀勢の里が勝つという見方が強いようですね。

私の予想も稀勢の里です。
やはり相撲業界の忖度というか、稀勢の里にとって
やりやすい相手を初日に据えてきたのかなという気がします。

勢はあんこう型の力士や小兵の業師ではなく
稀勢の里にとっては取り組みしやすい相手。
順当に行けば稀勢の里の寄り切り、押し出しといったところでしょう。

 

結果 後日追記

結果は的中!
稀勢の里の寄り切りでした。
低い当たりでいい相撲だったと思います。
今場所、意外と優勝するかもしれませんね。

元金:11,000円
掛け金:1,000円
結果:1,210円
合計:11,210円
*ドルを円換算しています。わかりやすく1ドル=100円計算。

今回、BETしたのは1xbet。

-相撲
-, , , ,

Copyright© ギャンブラー超慎重派によるブックメーカー実践ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.