相撲

2018年大相撲秋場所10日目予想・オッズは?【鶴竜VS御嶽海】

更新日:

9日目は何といっても稀勢の里の相撲ですね。
昨日の記事では「順当に行けば栃ノ心」と書いていましたが
始めて横綱らしい相撲で勝利しました。
稀勢の里はほんとに不思議な力士です。

9日目が終わって、全勝は白鵬、鶴竜、
1敗は豪栄道、高安、竜電となっています。

今回、2018年大相撲秋場所10日目の見どころ、予想について
まとめてみました。

 

2018年大相撲秋場所10日目について

2018年大相撲秋場所10日目ですが3役以上の取り組みは
以下の通りです。

 

玉鷲 VS
豊山 VS 貴景勝
魁聖 VS 栃ノ心
豪栄道 VS 高安
稀勢の里 VS 遠藤
逸ノ城 VS 白鵬
鶴竜 VS 御嶽海

10日目は豪栄道VS高安、鶴竜VS御嶽海
注目の一戦ですね。

豪栄道は本当に調子が良さそうですね。
それだけに初日の黒星がもったいないのですが
優勝してもおかしくない仕上がりだと思います。

そして高安も場所前の不安はどこ吹く風で、
好調を維持しています。

1敗通しの大関決戦、負けた方は優勝戦線から脱落しそうです。

 

そして結びの鶴竜VS御嶽海
鶴竜は今までいい相撲だったのですが、9日目は悪癖の引き技を
何度か出しましたね。
結果は勝ったのですが、「負けられない」という
プレッシャーが出てきた証拠だと思います。

御嶽海は白鵬に負けましたが、
攻めの姿勢で評価できる相撲だったと思います。
波乱を感じさせる取組になりそうです。

 

さて、10日目の主観的な見どころをまとめてみました。

 

豪栄道VS高安

この取組が実質10日目のメインでしょう。
1敗通しの大関対決です。

過去の対戦成績では10-18で高安に分があります。
ただし、今場所の豪栄道は切れ味が違いますので
安易に高安有利とは言えません。

高安としてはかち上げで上体を起こし、
一気に攻め込みたいところですね。

逆に豪栄道は最近よく使用する張り差しで
高安の調子を狂わせたいところです。

 

稀勢の里VS遠藤

9日目は横綱相撲だったキセノンは
遠藤との対戦になります。

過去の対戦成績では4-3で稀勢の里ですが
意外にも拮抗しています。

遠藤は足を怪我しているのか、強みである粘りがないですね。
稀勢の里としては、体重差を生かし、しっかり右上手をとっての
寄り切りで勝負を決めたいところです。

 

鶴竜VS御嶽海

結びは鶴竜VS御嶽海です。
過去の対戦成績では4-3で鶴竜ですが
ほぼ五分五分と見ていいでしょう。

鶴竜は8日目までは前に出る相撲で良かったのですが
9日目は悪癖・引き技が出ました。
精神的にプレッシャーを感じているか、疲れてきたか
いずれにせよ、あまり良くはありません。

御嶽海としては
中途半端な引き技→失敗→押し出しという負けパターンに
持っていきたいところです。

 

鶴竜VS御嶽海 予想・オッズは?

相撲のスポーツベッティングができる1xbet
1xbetについて語った記事はこちら

10日目は鶴竜VS御嶽海に賭けてみたいと思います。

オッズを見てみると
鶴竜1.55 御嶽海2.475 となっています。

オッズでは鶴竜有利です。
横綱ですし、全勝という意味でも鶴竜優勢という見方でしょう。

 

私の予想も鶴竜です。
鶴竜は危うい感じもしますが、御嶽海は連敗癖があります。

御嶽海が白鵬戦の敗戦について
上手くを気持ちの切り替えができなければ、
横綱には勝てないでしょう。

 

結果 後日追記

結果は的中!
鶴竜の寄り切りでした。
鶴竜は厳しい攻めでしたね。

元金:10,470円
掛け金:1,000円
結果:1,550円
合計:11,020円
*ドルを円換算しています。わかりやすく1ドル=100円計算。

今回、BETしたのは1xbet。

-相撲
-, ,

Copyright© ギャンブラー超慎重派によるブックメーカー実践ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.