相撲

2018年大相撲秋場所14日目予想・オッズは?【豪栄道VS白鵬】

更新日:

13日目が終わっていよいよ白鵬が優勝に王手をかけました。
全勝が白鵬、2敗で追うのは豪栄道と高安。

圧倒的に白鵬有利な状況ですが、
豪栄道は意地を見せたいところですね。

今回、2018年大相撲秋場所14日目の見どころ、予想について
まとめてみました。

 

2018年大相撲秋場所14日目について

2018年大相撲秋場所14日目ですが3役以上の取り組みは
以下の通りです。

 

玉鷲 VS 千代の国
妙義龍 VS 貴景勝
正代 VS 逸ノ城
阿炎 VS 栃ノ心
御嶽海 VS 高安
鶴竜 VS 稀勢の里
豪栄道 VS 白鵬

14日目は何といっても豪栄道VS白鵬ですね。
この一戦で優勝が決まります。

白鵬は優勝と幕内1000勝を達成してしまいたいところです。
豪栄道としては何としても阻止したいですね。

御嶽海は高安と対戦です。
今場所での大関取りは絶望的ですが、次の場所へ繋げるために
9勝はしておきたいですね。
そうなると高安には勝っておきたいところです。

 

さて、14日目の主観的な見どころをまとめてみました。

 

御嶽海VS高安

御嶽海は大関・高安との対戦です。
過去の対戦成績では3-10で高安に分があります。

御嶽海は最低でも勝ち越し、
理想は次の場所で大関取りをかけるために
9勝は欲しいところです。

高安に勝って、9勝すれば印象も良く
次の場所に繋がります。

高安としては上位陣で唯一優勝をしていない力士なので
先場所優勝している御嶽海には先を越されたという悔しさを
感じていると思います。

意地のぶつかり合いが見どころです。

 

鶴竜VS稀勢の里

横綱対決は18-31で稀勢の里に分があります。

稀勢の里としては横綱なので、10勝はしておきたいところです。
あと1勝になるのですが、相手は14日目は鶴竜、
そして千秋楽は豪栄道になる見込みです。

勢いに乗っている豪栄道よりは鶴竜の方が攻略しやすいと
思いますので、鶴竜に勝って10勝をあげておきたいですね。

鶴竜は連敗が続いています。
13日目を終わって3敗目、優勝戦線から脱落してしまいました。
稀勢の里には勝って、西の横綱の地位を手に入れておきたいところでしょう。

 

豪栄道VS白鵬

結びは豪栄道VS白鵬です。
過去の対戦成績では6-36で白鵬に分があります。

白鵬は勝てば優勝と幕内1000勝達成になります。
このような記録に滅法強いのが白鵬です。
白鵬有利の状況は変わりません。

豪栄道としては立ち合いに気をつけることです。
高安も白鵬の立ち合いのタイミングずらしの術中にはまってしまいました。

待ったをかけてじらしてきても、焦らずに
張り差しを仕掛けていくのがいいと思います。

 

豪栄道VS白鵬 予想・オッズは?

相撲のスポーツベッティングができる1xbet
1xbetについて語った記事はこちら

14日目は豪栄道VS白鵬に賭けてみたいと思います。

オッズを見てみると
豪栄道3.9 白鵬1.26 となっています。
オッズでは白鵬有利です。

 

ちなみに私の予想も白鵬です。
気持ちとしては豪栄道に勝って欲しいですが
何しろ白鵬は記録がかかっていますから。

そのような時の白鵬の勝率はほぼ100%に近いので
豪栄道が勝つには伝家の宝刀の首投げで仕留めるしかありませんよね。

 

結果 後日追記

結果は的中!
白鵬の上手投げでした。
記録がかかると神がかり的に強いですね。

元金:12,546円
掛け金:1,000円
結果:1,260円
合計:12,806円
*ドルを円換算しています。わかりやすく1ドル=100円計算。

今回、BETしたのは1xbet。

-相撲
-,

Copyright© ギャンブラー超慎重派によるブックメーカー実践ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.